本文へジャンプ
越谷市日本文化伝承の館こしがや能楽堂 友の会 会員規約
(名称)
 第1条 この会員制度は、こしがや能楽堂友の会(以下「友の会」)という。

(事務局)
 第2条 友の会は事務局は、こしがや能楽堂に置く。

(目的)
 第3条 友の会は、こしがや能楽堂(以下「能楽堂」)で開催される能楽をはじめとする芸術文化事業の
  周知を図るとともに、これらを愛好する会員の参加の機会を提供し、日本伝統文化の発展に寄与すること
  を目的とする。

(会員)
 第4条 会員とは、前項の目的に賛同し、この規約を承諾のうえ会費を納入する者をいう。
  2 会員には会員証を発行する。
  3 会員資格は、入会月から1年間とし、入会は毎年新規に申込みをする。
  4 友の会は、会員の個人情報を他に利用しない。

(年会費)
 第5条 会費は、年間1,000円とし、入会時に入会申込書と共に次のいずれかの方法により納入する。
  ⑴現金((友の会事務局)
  ⑵現金書留による郵送

(会報の発行)
 第6条 友の会は、会員に年2回会報を送付し、能楽堂で開催される芸術文化事業を知らせる。

(会員の特典)
 第7条 会員は、(公財)越谷市施設管理公社が主催、又は共催・後援する能楽をはじめとする芸術
  文化事業の一公演につき、本人を含め3名分まで入場料金の10パーセント割引が受けられるものとする。
   また、日本庭園花田苑の開花亭茶会及びやすらぎの茶席においても、本人を含めて3名分まで10パーセ
  ント割引が受けられる。
   会員は、前項の事業について入場券等の予約が受けられる。この場合、当日までに現金と引き換える。

(会員証の紛失、盗難)
 第8条 会員は、会員証を紛失または盗難にあったときは、ただちに友の会事務局に届け出て、会員証の再
  発行を受ける。
 2 会員証が紛失、盗難その他の事由により会員証を他人に利用され、会員または友の会に損害を生じた
  場合は会員がその損害の責を負う。

(届け出事項の変更等)
 第9条 会員は、氏名、住所等に変更が生じた場合には、すみやかに友の会事務局に届け出る。

(退会等)
 第10条 会員は、退会するときはその旨を友の会事務局に申し出る。
 2 友の会員証を他人に貸与、譲渡することが出来ません。会員証を虚偽に利用したときには、会員の資格を
  取り消す。
 3 退会するときは、会費の返金はしない。

(規約の変更)
 第11条 友の会は、この規約を変更する場合は、会員に通知する。

(附則)
 この規約は平成27年4月1日から適用する。


 
越谷市日本文化伝承の館こしがや能楽堂
越谷市日本文化伝承の館こしがや能楽堂